山形市 小松歯科医院 副院長のブログ

山形市 小松歯科医院の副院長って、どんな人?というのを知っていただくためのブログです。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
もしもの時に備えて
ビジネス週刊誌
頑張らない成功法
思ったことが英語で言える
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
東北歯内療法学会に。

前回、誕生日の1日前にブログを更新したら、

スタッフやその時実習に来ていた歯科専門学校の実習生にまで

「おめでとう。」と言われてしまいました。

 

別に祝ってほしくて書いた訳ではないのですが、

思いがけず祝っていただき嬉しかったです。

 

それはともかく、今日は仙台で東北歯内療法学会の

学術大会があったので参加してきました。

今日の講師の中のお一人は月星光博先生とおっしゃって

名前からして輝かしいのですが、歯科界ではかなり著名な先生です。

 

私はご講演をお聞きするのは確か3回目だと思うのですが、

噂ではかなりストイックで厳しい先生らしいので

受講するだけでもかなり緊張します。

 

今日は3名の先生方のご講演でしたが、

通常は歯の根の治療に対する考えや基礎、テクニックに関する

内容が多いのですが、今日はそれ以前の

歯の神経をいかに残して治療するか、という内容でした。

 

正直、歯の神経をなるべく残すのは目指すところではありますが、

下手をすると術後疼痛を招くこともあり、

患者様が離れてしまったりすることを考えると

安全策で歯の神経をすべて取ることを選択することも

よくあるのですが、今日のお話ではもっと神経は残せる可能性があることを

示され、非常に考えさせられたというか、勉強になりました。

 

是非明日からの診療に生かしたいと思います。

 

| - | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
45歳最後の夜

毎年誕生日にはブログを書いているのですが、

今年は1日早く書くことにしました。日曜日だから。苦笑い

 

正直45歳の1年は我慢の年だったような気がします。

楽しかったことももちろんありますが、

心の底から楽しいと思えなかった感じがします。

 

先日ある先輩の先生に

「夜中にフッと目が覚めて

悩みで朝まで眠れない日々がずっと続いている。」と話したら

「先生は順風満帆でそんな悩みなんかないと思ってた。」

と言われました。もちろんそんなはずはありません。

 

その先輩も悩んで眠れないこともあるそうで、

先輩の対処法を教えていただきました。

 

先日のアメリカ大統領選で、大方の予想に反して

トランプ氏が勝ちました。

私もトランプ氏には大統領としての品位がないのではないか、と

クリントン氏の勝利を予想していました。

でも一つ学んだこともあります。

 

トランプ氏は過去に4度も破産したことがあるそうですが、

その度に立ち上がり今も数千億の資産があるそうです。

しかもかなりの批判もものともせず、

結局は大統領まで登りつめました。

 

他人の批判や、環境に関係なく、

それだけの信念やエネルギーをもってすれば、

成功を勝ち取ることができるんだ、ということです。

 

以前このブログにも書いた、マイケル・ジョーダンの

「運命よ、そこをどけ。俺が通る。」

と似た感じかもしれませんが、

明日からの46歳の1年、もっと強く生きなくては、と思います。

 

 

| - | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
’16馬祭りに

昨年は所用にて行けなかったのですが、

今年も馬祭りに行ってきました。

今年は3歳の息子と2人での参加です。

 

前日までの雨模様とは打って変わって、

とてもいい天気でした。

 

’16馬祭り2

 

前日から大きい馬に乗りたいと息子が言っていたので、

開会の10時少し前に会場に着いたのですが、

既に1回目の乗馬券は売り切れとのことでした。

 

次は11時半からの回になるとのことでしたが、

今から1時間半も待つのもきつかったので

息子を説得して今年も馬車で我慢することにしました。

 

でも実際馬を見た息子は少し怖かったらしく、

近づこうともしなかったので

ちょうど良かったかもしれません。

 

私も初めて馬車に乗りましたが、

なかなか風が気持ちよかったです。

 

 

今年は10回目とのことで全国の馬に関連した

ゆるキャラが集まっていましたが、

残念ながら馬車の列に並んでいた時で

遠くの方でながめることしかできませんでした。

 

来年か再来年になれば息子も馬を怖がらなくなるでしょうから、

その時は気合を入れて9時過ぎに並ぼうと思いました。

 

| - | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
秋田市へ

8/28に秋田市で東北歯内療法学会の学術講演会があり、

参加してきました。秋田はお隣なのですが、

今まであまり行った事がありませんでした。

 

せっかくなので前日に行って泊まり、

少し秋田の町を回ってみようかと思ったのですが、

この日は丁度大曲の花火大会と重なり、

なかなかホテルがとれませんでした。

 

当日行くことも覚悟しましたが、楽天トラベルで

1週間くらい前にキャンセルが出たのか、少し部屋が出てきました。

しかしどこも値段が高く、その中でも一番安い所をなんとかとったのですが、

私の通常予算の倍くらいの値段でした。

後で聞いたら花火相場だそうで、普段の倍以上だそうです。

 

秋田市は隣の県なので、近いのかなと思いきや、

ナビで調べたら200km以上ありました。

私が大学時代を過ごした新潟市が約170kmなので、

新潟よりも遠いです。正直びっくりしました。

新潟よりは近いと思っていたので…。

 

土曜日、仕事が終わってから出発し、途中花火を遠くに見ながら

車中でコンビニおにぎりで夕食を済まし、4時間弱かけて

9時過ぎに秋田に着きました。

 

ホテルは繁華街の中にあり、町にはホスト風のお兄様たちが

うじゃうじゃ歩いており、

「なんかあまりガラのいいとこじゃないな」

などと思い、結局疲れたのもあり

コンビニでビールを買ってどこにも行かず、おとなしくしていました。

 

翌日講習会ぎりぎりまでホテルにいようかとも思いましたが、

なんかこれじゃ秋田に来たかいがないし、

あまり秋田の負の面しか見ていない気がして

少し早く出て観光することにしました。

 

スマホで調べて秋田城と言うのがあるらしい、とわかり、

よく調べもせず戦国時代の武将のお城だろう程度のつもりで

向かいました。

 

行くと護国神社と並んでいます。

お城の跡に神社が祭られるのは良くあることなので

特に何も思わず回ってみました。

 

すると城壁らしからぬ囲いが見えてきました。

秋田城

(秋田城HPより)

 

あまり時間がなくて写真を撮るのを忘れたので公式HPより写真を転用しましたが、

漆喰でもなく、弱そうな壁です。あれ?こんなんで大丈夫なのかな?

と思いつつ近くにあった説明を読むと年代が700〜800年です。

 

は?奈良・平安時代か?と知り、びっくりしました。

そうです、戦国時代ではなく、奈良時代とかの遺跡でした。

その時代に秋田にこんな立派な中央政権の建物があったことに

本当に感動しました。結構広大な敷地です。

 

よく考えてみれば、あの有名な小野小町の出身地でもあります。

なんで東北秋田から平安京に美女が送られたのかよくわかりませんでしたが、

秋田にこういう政庁があったのならなんとなく理解できました。

 

「秋田すげ〜。」と思いながら講習会会場に向かうと、

色んなものが逆に良く見えてきます。

道路も立派だし、奇抜なデザインの体育館があったり、

街行く女性が秋田美人のような気がしてきます。

 

会場は秋田県歯科医師会館でしたが、立派な建物でした。

肝心の講習会は、大変意義ある内容でした。

技術的な面もありますが、仕事に対するモチベーションが上がります。

 

また是非秋田をゆっくり観光してみたいと思いました。

 

 

 

 

 

| - | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
カバ

最近色々忙しかったりして、ふと気づいたら

前回の投稿から2ヶ月以上が経っていました。

やはり年をとると時間が経つのが早いです。苦笑い

 

今日、息子と二人で「やまや」さんに行きました。

妻はスパークリングワインが好きなのですが、

そう言えば最近飲んでないな、と思い

スパークリングワインを買うことにしました。

 

とは言え、特別ワインに詳しくない私は

なんとなくラベルと、書いてある紹介文を手がかりに選びます。

あまり甘いのは私も妻も好きでないので、

辛口系のを探していきます。

 

そのうち、スペイン産の辛口でなんとなく

おいしそうなものを見つけました。

よく見てみると、ラベルにカバの絵が描いてあります。

 

cava

 

そしてワインの名前はCAVA。

英語でカバはhippopotamusなのは知っていましたが、

スペイン語でもカバと言うとは知りませんでした。

 

早速買って家に帰り、妻に言いました。

 

「スパークリング買ってきたけど、

スペイン語でもカバってカバなんだね。」

 

すると

 

「へ〜、そうなんだ。」

 

と妻は言いつつ、ワインのラベルを見て、

 

「え、CAVAってワインの名前でしょ?時々バカなこと言うよね?」

 

どうやら私の勘違いだったようです。苦笑い

 

 

 

 

 

| - | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP