山形市 小松歯科医院 副院長のブログ

山形市 小松歯科医院の副院長って、どんな人?というのを知っていただくためのブログです。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
もしもの時に備えて
ビジネス週刊誌
頑張らない成功法
思ったことが英語で言える
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
今年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

と言うか、既に新年を迎えて1週間が経ってしまいました。

ホントにあっと言う間です。

当院は5日から診療を開始いたしましたが、

気分的には今日からのような感じがします。

 

今日の夕飯は七草がゆでしたが、

なんか物足りないような気がして

バクバク食べてたら昨日より体重が1Kg増えてました。

植物系と思って油断してはいけないのですね。

 

そんな中くらいのめでたさの正月を過ごしている毎日です。

今年も無事に過ごせることを願い、

また皆様方が今年も良い年であるようお祈り申し上げます。

 

| - | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
カーテン

今まで何度か書いたと思うのですが、

私が子供の時は冷戦時代。

テレビでスパイ物や探偵、忍者が流行っていた時代です。

 

そういうテレビをよく見ていた私は、

今でも夜に電気を付けた状態で家のカーテンが開いてると

すごく不安になります。

 

敵から家の中がよく見られ、

生活のパターンを把握されてしまいますし、

下手したら狙撃されるかもしれません。

 

ま、残念ながら狙撃されるほどの

大物にはなれませんでしたが…。

 

しかしウチの子供たちは

夜にカーテンが開けっ放しでも全く気にしません。

ウチの子だけなのでしょうか?

 

しかし防犯上、やはり家の中の状態が

把握されてしまうのはよろしくないのではないかと思うのですが…。

 

いくつになっても過剰に警戒してしまうのは

逆に病気なのかな、とふと思うのでした。

 

| - | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
年のせい?

12月も明日で半分終わりです。

本当に時の経つのは早いですね。

あっと言う間に年を越してしまいそうで怖いです。

 

最近自分の性格が少しずつ変わってきてるような気がして

なんかヤバいな、と思う時があります。

イライラしやすうような、

あと思い込みが強くなってきているような…。

 

自分で言うのもなんですが、以前はもっと温厚で

我慢強かったと思うのですが…。

 

いわゆる男の更年期、てのもあるのかもしれませんが、

年をとって脳が劣化しているのでしょう。

 

周りの方に迷惑をかけないように気を付けなくては、

と思うのですが、50歳になる前にこんな調子では

もっと年をとったらどうなってしまうのか不安でもあります。

 

| - | 21:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
48歳に…

今月21日にとうとう48歳になりました。

まあ、毎年何もない誕生日でしたが、今年も無事終わりました。

なんとなく小林一茶の

 

「めでたさも 中くらいなり おらが春」

 

の句が頭をよぎりました。

深い意味は分かりませんが、なんとなく「ま、こんなもんか…。」

と思います。

 

でも先日、私の不注意で危うく車の事故を起こしそうになりました。

事故にならなくて良かったですが、

やっぱり何事もなく過ごせているのが一番幸せなんだろうと思いました。

もし人身事故でも起こしていたら、今頃仕事に手がついていなかったことでしょう。

 

幸いうちの家族は皆ほぼ健康で、

両親も今のところ介護をする必要もなく元気でいます。

「神様とご先祖様に感謝しなくては」

と年寄り臭い考えをしてしまいました。

 

 

| - | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
韓国の判決

前回ブログを書いてから、あっという間に2か月が過ぎ、

夏から秋になってしまいました。

季節がめぐるのは本当に早く感じます。

 

昨日韓国で戦時中の徴用工に関する最高裁の判決が下りました。

「ああ、やっぱりね。」

という感じですが、なんかこれだけを聞くと

過去の日本が朝鮮半島の方々に無理やり強制労働をさせた、

という風にだけ受け取ってしまいます。

 

しかし私が今まで読んできた色々な歴史に関する本がありますが、

題名、著者は忘れましたが、こんなことが書いてありました。

 

『当時、朝鮮半島は日本であった。そして朝鮮半島出身の人々は

奴隷ではなく、(身分的には)日本人として扱われていた。

戦時中という状況下で、(日本出身の)日本人は

危険な戦地に徴兵され送り込まれた。

 

そして同じ日本人でも朝鮮半島出身の日本人は

一応配慮されて、危険の少ない後方の労働者として

徴用された。』

 

そう考えてみれば、決して朝鮮半島の人々をこき使ったのではなく、

逆に優遇していたとも思えます。

 

しかしこれはその方の一意見であって、歴史的に本当に正しいと言えるかは

私にはわかりません。でも、多くの日本人が

徴兵されて戦地に赴き命を落とされた事は事実で、

それと朝鮮の徴用工の方々は比較して本当に過酷だったのか、と

考えてしまいます。

 

いずれにせよ、今回の韓国の判決は

私の韓国に対するイメージを更に悪くするものでした。

 

| - | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP