山形市 小松歯科医院 副院長のブログ

山形市 小松歯科医院の副院長って、どんな人?というのを知っていただくためのブログです。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
もしもの時に備えて
ビジネス週刊誌
頑張らない成功法
思ったことが英語で言える
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 口腔がん検診講習会へ | main | 意思の弱さ >>
キムチ
 私は子供の頃、辛いものが苦手でした。
子供はカレーが好き、とよく言われますが、
私は子供の頃はカレーを食べるのが苦痛でした。

もちろん給食のカレーは食べれましたが、
家のカレーは辛くて食べれなかったし、
(ウチでは子供用に甘いカレーを作ってくれるほど
甘くはありませんでした。

昔は外食のカレーも子供用などはなかったので
辛かった記憶があります。(特にスキー教室や合宿で。)

兎に角辛いものは一切食べれなかったです。


ところが私のやっと1歳になったばかりの長男は、
なんとキムチを食べるのです。

夕飯前にビールのツマミにキムチを食べてると、
長男が食べたそうにうるさいので

「一口食べれば辛いのがわかるだろう」

と思ってキムチの欠片をちょっとあげると、
美味しそうに食べて、もっととねだるのです。

「うそ?

と思いながらまた欠片をあげるとバクバク食べます。
もちろんあくまで欠片なので全部でも1枚の半分にも満たないのですが、
我が子ながらよく食べるな、と感心しました。

その後妻に
「赤ちゃんなのにキムチ臭い!
と怒られました。

因みに次女も比較的辛いのが大丈夫で、
キムチも食べるし、黄レンジャー並みにカレー好きです。

実は私が人並みにカレーやキムチを食べれるようになったのは
25歳過ぎてからなので、何故我が子たちが
小さいうちから辛いものを食べれるのか不思議でなりません。

この子達が大人になったら、ハラペーニョとかかじりながら
ビールを飲んでるんではなかろうかと、
末恐ろしい感じがするのでした。

 
| - | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog2.komatsushika.com/trackback/1264803
トラックバック