山形市 小松歯科医院 副院長のブログ

山形市 小松歯科医院の副院長って、どんな人?というのを知っていただくためのブログです。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
もしもの時に備えて
ビジネス週刊誌
頑張らない成功法
思ったことが英語で言える
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 夢で… | main | 45 >>
ラグビーワールドカップ
 ラグビーワールドカップの試合を終え、
今日ジャパンの選手達が帰国されました。
本当にお疲れ様でした。すごかったです。

実は私、大学時代にちょっとだけラグビーをしていたことがあります。
もう20年も前の話ですが、歯学部のラグビー部なので弱小でしたが、
一応卒業まで続けました。

新潟だったので、夏合宿はお隣長野県のラグビーの聖地、菅平でした。
そこではジャパンも夏合宿をしています。
日程が重なったとき、練習の合間にジャパンの練習を見学に行きました。

その頃見学できたのは吉田義人さんや堀越さん、元木さんなどでした。
練習でも、人と人がぶつかる時の音はすごかった記憶があります。

彼らの体はそれこそ筋肉の鎧をまとっているようで、
あんなのに突っ込んでこられたら、私たちレベルでは5人がかりでも
止められないだろうな、と思われました。

しかしそんな彼らでも、ヨーロッパや南半球の外国勢に対しては
まったく歯が立ちませんでした。
それを見て、
「あんなに鍛え上げられた彼らが敵わないのであれば、
これはもう体格差のあるヨーロッパ勢には日本は永遠に勝てないだろう。」
と思っていました。

その後ニュースで何度も言われてましたが、
アジアでは敵無しなのでワールドカップには毎回出場するのですが、
1勝しかできない状態が続いていました。

それからサッカー人気が高まり、
テレビでラグビーが放映されなくなってきました。
いつしか私も正月の花園くらいしか見なくなっていました。

そこで飛び込んできた今回の南ア戦の勝利です。
正直驚きました。いつの間に?と思いました。

「低いタックル」はタックルの基本と言えば基本なのですが、
正直怖いです。走ってくる相手のひざに飛び込むと言うのは、
顔や頭を膝蹴りされる危険があるので、私はできませんでした。
せいぜい腰あたりです。(だから弱かったのでしょうが

しかも相手は自分よりゴツイ外人です。
その勇気は本当にすごいと思います。

今回日本でのラグビーの人気が高まって、何故か私もうれしいです。
もうタックルなんか、してもされても怪我をしそうですが、
タッチラグビーぐらいだったらまたやってみたい、
と、ふと思ってしまいました。(いや、それ以前に走れないかも…。

是非4年後はベスト8を実現してくれるといいな、と思います。

| - | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog2.komatsushika.com/trackback/1264837
トラックバック