山形市 小松歯科医院 副院長のブログ

山形市 小松歯科医院の副院長って、どんな人?というのを知っていただくためのブログです。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
もしもの時に備えて
ビジネス週刊誌
頑張らない成功法
思ったことが英語で言える
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 蚊の羽音 | main | 夢と現実 >>
右、左。

あっという間に2月も終わり、今年の1/6が過ぎました。

なんか早いですね。

 

R-1が昨日放送されていましたが、

優勝者の方のもまあ面白かったのですが、

あの方これからどうされるのか

ちょっと心配になりました。苦笑い

 

それはいいとして、最近のニュースは

金正男さんの殺害事件とか森友学園のことで

ほとんどを費やされています。

 

私は自分でも真ん中よりちょっと右寄りと

自負していますが、まだ自分の考えを持たない子供に

「安倍首相がんばれ!」

と言わせるのには違和感を感じます。

 

というか、極右に近い映像を流されることによって

右寄りの考えが否定されることにむしろ

反感を覚えます。

 

本来愛国心を持つのは悪くはないことのはずです。

それは私が山形県民であることに誇りを持つことと

何も変わらないはずのことなのです。

 

なのになぜかマスコミを中心に左寄りの人たちは戦前教育を持ち出し、

愛国心を持つこと=戦前思想(好戦的思想)

のように主張し、愛国心を否定し続けてきました。

 

なぜ自分の生まれた国に誇りを感じてはいけないのか?

その反動がネトウヨと言われる人たちであり、

恐らく私もその一人です。

 

でも私は自分の子供に政治的思想は一切語っていません。

首相を肯定する発言も否定もしていません。

それは子供には子供で考えてほしいからです。

 

しかし長女はある日

「安倍嫌い」

と言っていました。

 

繰り返しますが、私は一切政治的発言を家ではしないし、

長女は家でニュースを見ません。

 

明らかに学校で何かを吹き込まれたのでしょうが、

自国の首相を呼び捨てにするのがもし

学校の先生とかだったらちょっと問題あるな、

と思いましたが、あえて何も言いませんでした。

 

とりとめがなくなってきましたが、

極右的な思想をマスコミがとりあげて

左寄りな思想を肯定しようとしていることに

なんか違和感を感じてしまうのでした。

 

 

 

| - | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog2.komatsushika.com/trackback/1264855
トラックバック