山形市 小松歯科医院 副院長のブログ

山形市 小松歯科医院の副院長って、どんな人?というのを知っていただくためのブログです。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
もしもの時に備えて
ビジネス週刊誌
頑張らない成功法
思ったことが英語で言える
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ラグビーワールドカップ | main | 新年おめでとうございます。 >>
目からうろこ

前回からまた時間が空いてしまいました。

ところで先週私は49歳になってしまいました。

 

織田信長の享年は確か49歳だったと思うので

私と同じ年で天下を取っていたと思うと

自分の不甲斐なさを思ってしまいます。

無駄に年をとっているな、と。

 

ところで私は最近ある雑誌を読んでいたのですが、

また自分の常識と思っていたことは世界的に考えると

常識ではないのだということを知りました。

 

いま世界的に地球温暖化が問題になり、

各国、特に赤道近くの途上国を中心に地球温暖化阻止の

機運が高まっている、と思っていました。

 

しかしその雑誌(WiLL 12月号)の飯山陽さんの記事によると

イスラム教の教えでは、そもそも人間には

神がつくった世界に影響を与えるような力はない、

そして人類はいずれ必ず滅びる事になっており、

それは神のご意思であり、人間の行動とは関係ない、

というのです。 

 

しかもそれはイスラム教のかなり核心的なところであり

人類の週末を信じないのはもはやイスラム教徒ではないのだそうです。

 

なので今地球温暖化に向かっているとしても、

それは神のご意思であって、人間がなにかしたせいではない、

という考えなので、国連のグレタさんの演説は

イスラム教徒にはピンとこないのだそうです。

 

そして全世界にイスラム教徒は18億人いるので

全世界の人の1/4は理解できないだろうと書いてありました。

 

これを読んだとき、かなり衝撃を受けました。

ニュース等では温室効果ガスが問題とか、

トランプ米大統領はそれを否定してるとか報道されており、

そもそも温室効果ガスによる地球温暖化が前提で、

それを信じるか信じないかが問題のような感じを受けていました。

 

しかし人間にそんな力はない、と言わると、確かにそんな気もします。

イスラム教が生まれた時代は現在のように

大量の化石燃料を使用していたわけではありません。

その当時より人口も増えたし影響力は増したでしょう。

 

でも自然災害に対しての人間の無力さを見ると、

やはり人間の力は地球に影響を与えるほどでは

無いのではないかとも思えます。

 

イスラム教の「人間には世界に影響を与える力はない」、という考えに

目からうろこが落ちた気がしたという話でした。

 

 

 

| - | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック